今最も旬なカラーニット/セーターのメンズおすすめブランド7選【2020】

メンズ・レディース問わず、冬になると欠かせない存在であるニット/セーター。そんな中でも鮮やかな配色のカラーニットは暗め・シックになりがちな冬のメンズコーデに華やかさを与える存在でもあります。

しかし、鮮やかなカラーニット/セーターは、選び方や着こなし方という点において難易度が高いと思われやすいアイテムでもあります。

そこで今回はカラーニットを取り扱うおすすめのブランドについてモードからカジュアルまで、7つに厳選してブランドをご紹介する共に、カラーニットを上手く使ったコーデをご紹介し、着こなし方も解説しますので是非参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

おすすめブランド1 アンユーズド UNUSED

 

この投稿をInstagramで見る

 

UNUSED(@unused_looks)がシェアした投稿

アンユーズドは「観念的な枠を取り去り、解体し、存在の新たな形の追及提案」をコンセプトに幅広いユニセックスウェアを手がける日本のブランドです。デザインはカジュアルとモードの中間的なイメージがあり、コーデに自然に取り入れやすいことも特徴。

アンユーズドのカラーニットの特徴は鮮やかで豊富なカラー展開とトレンドを押さえたモードな印象にあります。

こちらのセーターは定番色のオレンジに2つのポケットが特徴的で、ギミックの効いたカジュアルデザインです。アンユーズドらしい一着と言えますね。

 

スポンサーリンク

おすすめブランド2 コウタグシケン Kota Gushiken

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kota Gushiken(@kotagushiken)がシェアした投稿

コウタグシケンは2019年にデビューした新進気鋭の国内ニットウェアブランド。ニットはどれも手作業で編まれており、クオリティーの高さと前衛的なデザインが人気の理由です。

ニットウェアが持つ新しい可能性を広げるというテーマどおり、従来のニットとは一線を画したモードライクな印象があるコウタグシケン。

こちらの20AWシーズンのカラーニットは絶妙に派手すぎない赤色とボリュームをとって編み上げられたオーバーサイズが魅力的です。ニット好きであれば今最もおすすめのブランドの1つです。

 

スポンサーリンク

おすすめブランド3 アーダーエラー Adererror

 

この投稿をInstagramで見る

 

A D E R(@ader_error)がシェアした投稿

続いて紹介するアーダーエラーは韓国のソウルでスタートしたユニセックスのブランド。20〜30人ほどのインテリア、ファッション、建築、金融など様々な分野のデザイン集団による変わった運営体制でアイテムを手がけています。

身の回りにあることの再解釈ということコンセプトとしており、独特なカッティングやロゴデザイン、オーバーサイズなどが主なアイテムの特徴としてあげられます。

そんなアーダーエラーのカラーニット/セーターには斜めにカッティングされたモデルやロゴを施したモデルなど様々ありますが、個人的にはニットセーターとロゴという組み合わせが独特な雰囲気でおすすめのモデルです。是非お気に入りの一着を見つけてみましょう!

 

おすすめブランド4 メゾン キツネ MAISON KITSUNÉ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Maison Kitsuné Paris(@maisonkitsune)がシェアした投稿

2002年にジルダ・ロアエックと黒木理也によってパリでスタートしたメゾンキツネは「タイムレス」をテーマにシンプルかつ実用的な日常に溶け込むウェアを手がけている。

キツネのニットはシンプル故の上品さがあります。画像のカラーセーターはカジュアルなイメージが強いマルチカラーを上品な印象に仕立て上げています。まさにキツネらしい一着ですね。

また、先程紹介したアーダーエラーをはじめ様々なブランドとのコラボにも積極的で、アーダーエラーとキツネのコラボアイテムは特にカッコいいモデルが多いのでそちらも要チェック。

 

おすすめブランド5 トープ TAUPE

 

この投稿をInstagramで見る

 

TAUPE 【トープ】(@taupe_jp)がシェアした投稿

日本を拠点として「大人に向けた、個性を発揮する為の日常着」というコンセプトのもと、日常着ながらも自由なデザインが特徴のリアルクローズブランドです。

ニットという日常着に対してもこのような特徴が反映されており、個性的でおしゃれなパターン、配色が絶妙なモデルが多いです。

画像のマルチカラーニットにはブルーやオレンジなどの鮮やかな色が使われているにもかかわらず、派手になり過ぎない上品さがあります。ニットでも個性を出したいという方には特におすすめのブランド。

 

おすすめブランド6 カラー kolor

 

この投稿をInstagramで見る

 

kolor(@kolorofficial)がシェアした投稿

続いて紹介するkolorも日本の個性派ブランドです。独創的な色使いやこだわり抜かれたパターンが特徴で唯一無二のモード感溢れるオリジナルウェアを提案し続けています。

カラーニットもまたkolorらしさが溢れるアイテムが多いです。画像のニットは腕部分が異素材のブルゾンのようなデザインに切り替わっており、配色も複雑ながら絶妙に噛み合っています。

このように一着一着にオリジナリティとこだわりが詰められているファッション上級者から絶大な人気を持つ所以です。

 

おすすめブランド7 チノ CINOH

 

この投稿をInstagramで見る

 

CINOH(@cinoh_official)がシェアした投稿

最後に紹介するのは日本のブランドであるチノです。東京のストリートから着想をベースとしてリアルクローズに落とし込まれたデザインからはモードストリートな雰囲気を強く感じます。

ストリートをベースにしてる為かオーバーサイズや所々に見受けられる鮮やかな色調が非常に現代のトレンドに合っているといえます。

こちらのオレンジのカラーニットは一見シンプルに見えて、大きめにとられた身幅によるボックスシルエットやハイネックのデザインがとてもかっこいいです。上品なモードストリートが好きな方にはおすすめのブランドです。

 

カラーニット/セーターを使った最新メンズコーデ3選

続いてはカラーニットをうまく使った厳選コーディネートとともにカラーニットの着こなし方について解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

イエローニット×黒スラックスパンツ×黒マフラー

まずはこちらの黄色セーターを活用したコーデ。スラックス、キャップ、マフラーなど他のアイテムを全て黒でまとめたシンプルコーデです。

カラーセーターを使う上で大きく失敗しないポイントとしてはニット以外のアイテムをシンプルかつ落ち着いた色でまとめることです。黒は特に使い勝手が良く、ニットの鮮やかな色をより映えさせる効果があります。

オーバーサイズ柄ニット×テーパードパンツ

1枚で様になる個性的な柄のオーバーサイズニットを使ったリラックス感溢れるコーデ。ベースカラーのネイビーが季節感もあり一枚で様になっています。先程のコーデのように他アイテムはシックな色でまとめていますね。

カラーニットもトレンドはやはりオーバーサイズです。合わせ方としてはこちらのコーデのようにテーパードパンツを合わせることでOラインシルエットを作るという組み合わせが最もおしゃれかと思います。

マルチカラーニット×ベージュワイドパンツ

最後はトープのマルチカラーニットを活用したこちらのコーデ。ニットにも含まれているベージュ色のワイドパンツを合わせることで全体的にナチュラルな日常コーデが完成しています。

カラーニットに明るめのカラーを合わせると全体的にのっぺりしてしまうことがあります。その際のポイントしてこちらのコーデのように小物を黒にすることで、カジュアルコーデを引き締めることができます。これは全てのコーデに使える基礎テクニックですので、ぜひ意識してみてください。

 

メンズカラーニット/セーターおすすめブランドまとめ

いかがだったでしょうか、トレンドにあった最新のおすすめブランドを7つに厳選してご紹介しました。実はカラーニットは取り入れるだけで簡単におしゃれな印象を与えることができる万能アイテムです。一枚で決まるので、ぜひお気に入りの一着を見つけてみてください!

 

コメント